セミナー・イベント情報

2015.04.17 開催  
セミナー
受付終了

「目標予算」を絶対に達成する! 営業マネジメント手法「予材管理」徹底解説

お申込みは終了しました。

セミナー紹介文

4月から新年度も始まり、「目標予算を絶対達成させたい!」 経営者、営業部長の方は皆、そう思っているのではないでしょうか。

「目標予算を絶対達成させたい!」実は、この課題をまさに強みとしている会社があるのです。
それは、今回のセミナー講師が在籍しておられる アタックス・セールス・アソシエイツというコンサル会社です。

アタックス・セールス・アソシエイツは、「絶対達成する部下の育て方」や「絶対達成マインドのつくり方」の著者である横山信弘氏が代表を務める会社です。
(横山氏:http://www.attax.co.jp/consultant/detail/025.html)

彼らの強みはなんといっても「絶対達成メソッド」をもっているということです。
「目標達成が当たり前」という習慣を組織に定着させることを使命としている、そんな彼らが行っているのが営業マネジメント手法「予財管理」です。

「予材管理」とは目標の2倍の「予材(予定材料)」をあらかじめ積み上げ、目標未達成リスクを回避するという営業マネジメント技術です。 しかし、単に2倍の材料を積み上げれば目標が達成するわけではありません。では、2倍の材料を積み上げ絶対に目標を達成するにはどうしたらいいのでしょうか…。

従来からある営業管理の発想を根本的に覆す発想を包含した「絶対達成」の営業マネジメント手法とは一体何なのか? 今回のセミナー講師は、専属でコンサルタントをされている倉田 丈寛氏を迎え、徹底解説頂きます。

通常ですと、10,000円はするセミナーを前回とてもご好評いただいた為「無料」でご招待できることになりました!この機会に、是非ご参加ください。

最後には、実践編としてSFAを使った営業支援方法をデモを交えて紹介します!

  • ・目標予算を「絶対達成」させたい
  • ・「机上の空論」ではない戦略を知りたい
  • ・「予材管理」のノウハウを勉強したい

このような課題をお持ちの方は、有益なセミナーになること間違いなしです!
この要件に1つでも当てはまる方は、奮ってご参加ください。 皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。

こんな方におすすめ!

  • 目標予算を「絶対達成」させたい
  • 「机上の空論」ではない戦略を知りたい
  • 「予材管理」のノウハウを勉強したい

セミナー概要

日時 2015年4月17日(金)15:00~17:45(開場14:30)
会場 スターティア株式会社 本社セミナールーム(新宿/都庁前)
東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19階
各線「新宿」駅・都営大江戸線「都庁前」駅より徒歩 約10分、  https://www.startia.co.jp/company/location/#headoffice
受講料 無料
定員 30名限定(1社2名様まで)
主催 スターティア株式会社
 (ゲスト:株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ)
来場特典 有料トライアル(1ヶ月間)
【管理者向け予材管理解説(2時間)+SFA初期設定】

セミナー プログラム

14:30~ 受付開始
15:00~17:00 第1部 『目標予算』を絶対に達成する! 営業マネジメント手法 『予材管理』徹底解説セミナー
17:10-17:30 第2部 中堅・中小企業様向け はじめてのSFA講座 ~「Knowledge Suite」が選ばれる理由   SFAデータ活用事例
17:30-17:45 質疑応答

講師紹介

イメージ1

『倉田丈寛氏』のご紹介
リクルート社で上場企業から中堅企業の人事部を対象とした法人営業に従事。その後、WEBマーケティング会社での新規事業立ち上げに参画後、株式会社アタックス・セールス・アソシエイツに入社。
現在は、あらゆる業種業態の企業における営業プロセス改革に従事。
「机上の空論」ではなく、実際にクライアント先の営業担当者と同行し、現場から、具体的な行動改善と営業プロセス改革をする事に定評がある。

お問い合わせ先

会社名 スターティア株式会社
住所 〒163-0919 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
TEL 03-5339-2127
セミナー担当 井口

お申込みフォーム

会社名必須
ご部署必須
お役職必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
本セミナーをどこで
お知りになりましたか必須

このメールフォームにご入力
頂いた個人情報の取扱いについて 必須

個人情報保護方針 | 個人情報の取扱いについて

このメールフォームは個人情報保護のためSSL暗号化通信により保護しており、情報の改ざん・漏えいなどの危険から守られ、安全に通信することが出来ます。