東証一部上場
スターティアグループ

COMPANY わたしたちについて

COMPANY わたしたちについて

代表あいさつ

存続と成長に寄り添う

スターティアホールディングスグループは、1996年創業から本年でちょうど25周年を迎えることができました。グループ中核会社として、中堅・中小企業のITインフラ事業を担当してきたスターティア株式会社も同様の長きにわたり、お客様にご愛顧いただいてまいりました。
お客様をはじめ、日頃からご協力をいただいている全ての取引先様や関係者の皆様に心から厚く御礼申し上げます。

昨年時点では全く予想されなかった新型コロナ禍に、社会全体が地球規模で大きく影響されることになりました。マクロ経済環境にはマイナス影響が長く続くという観測がある中で、この「Withコロナ」時代で新しい日常を創るために日夜尽力しておられ、盛況な企業様も数多くいらっしゃいます。

このような時代であるからこそ、私たちは、「存続と成長に寄り添う」というミッションの意義を再認識し、日本社会の基幹である中堅・中小企業が存続・成長できるよう、「ITまわりやオフィスの困りごとはスターティアに任せよう」と頼られる存在になることを引き続き目指してまいります。

私たちはミッションを果たすため、第一に採用と教育のイノベーションに力を入れ続けています。本年度新卒の皆さんについても予定通り4月に入社いただき、オンライン研修などの工夫をしながらレベルアップした教育を進めております。
第二に納品・顧客サポートを強化しております。昨年度立ち上げたカスタマーサクセス部と和歌山コンタクトセンターは、今では本格稼働しており、お客様のご要望やお問い合わせに、きめ細かく丁寧に対応する大きな力になっております。
また第三に顧客管理システムを刷新しました。お客様がお使いの機器やサービスに関する情報を整理・一元化し、従来以上に迅速で的確なご提案とご対応を目指しております。
そして第四にデジタルトランスフォーメーション(DX)の対応です。DXについては、グループ総力をあげて推進しており、新しいソリューションやサービスを取り揃え、個々のお客様のニーズにあったご提供ができるようにしていきます。

このように、困難な時代であればこそブレないミッションを追求し、しかし、人材・組織・しくみ・サービスを変化させながら、「頼もしい存在」としての価値を提供してまいります。 これからも末永く良きパートナーとして皆様と一緒に歩んでいけるよう社員一丸となり努力してまいります。

今後も一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2020年6月 吉日 代表取締役社長

笠井 充