コーポレートベンチャーキャピタル

コーポレートベンチャーキャピタル

将来有望な国内外のITベンチャー企業に、資金をはじめとしたスターティアのさまざまな経営資源を提供し、その成長をサポートする事業を行っております。

スターティアのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)とは

スターティアのCVCは、斬新なアイデアや革新的なテクノロジーによって新しいビジネスの開拓に挑むベンチャー企業に出資をし、当社の顧客基盤やITソリューション力などのさまざまな経営資産を活用することで、投資先企業の成長をサポートします。同時に、そうした投資先企業と資本を通じて連携することで自社内にイノベーションを誘発し、新たな企業価値を生み出すことを目指します。

投資方針

スターティアは2015年に設立20周年を迎えましたが、今後も創業期のベンチャーマインドを持った挑戦者でありつづけたいと考えています。そのため、スターティアのCVCはスターティアの既存事業に直接関連する領域に限らず、ITによって社会的にイノベーションを起こすと期待できるベンチャー企業であれば積極的に投資します。また、その活動範囲は日本に限定せずアジアを中心とした海外も視野に入れています。